ポイント


エギングのポイントを見極める方法

防波堤の場合

漁港の防波堤は身近な場所であり、適度な水深があるため、

エギング釣りに最適な環境です。

春には産卵のために岸辺に大型のアオリイカがやってくるので、

堤防の藻が生えている場所、港入り口がポイントとなります。

磯の場合

波の高い荒磯は、エギングに向いた釣り場ではありません。

波に流されて底を取りずらいからです。

エギングでは潮の流れは適度な方が上手に釣れます。

そのため、波の穏やかな小磯で釣ると良いでしょう。

ただ、磯は足場が悪いので危険です。

ライフジャケットを着用しておいた方がいいでしょう。

サーフの場合

サーフは必ずしも絶好のエギングポイントとは言えませんが、

最近のエギング人気で釣りやすい防波堤が釣り人でびっしりということも

珍しくありません。

サーフでは水深が浅いところが多いため、表層で釣れることがあります。

岩礁や藻の生えている周辺を狙うと確率が高いです。

タグ

最新情報