エギの操作方法

棒引き

エギの操作方法の一つに「棒引き」があります。

これはエギを水底に着底させ、ボトムの水深をキープしながら引いて、

一定の速度で探っていく方法です。

水深のある沖を狙う際や、夜釣りで底を探るときに有効な方法です。

単にエギを引くだけの方法で、エギングの初期には棒引きしかありませんでした。

イカの活性が高い時には反応がありますが、今ではシャクリの方が人気が高いため、

あまり使われなくなりました。

シャクリ

エギにアクションを与え、積極的に攻める方法がシャクリです。

エギを沈めてはシャクリ、イカを誘い込む釣り方ですが、風が強かったり、

潮の流れが速いとエギが浮いてしまうので、若干難しくなります。

タナは基本的には底を狙いますが、活性が上がっているときは

中層のタナでアタリがくることもあります。

シャクリの場合、アタリはシャクった瞬間に重くなるので見分けられます。

はっきりとした重みが感じられた場合、特にアワセは必要ありません。

タグ

最新情報