エギングで底を取るコツ

底を攻略する

エギングで底を取ることは大変重要です。

底を取るにはエギが潮で流されるまえに着底させます。

潮で流されないようにエギにオモリをつけるとうまく沈めることができます。

ただ、底に着けた後は素早くロッドを立ててください。

さもないと根がかりを起こしてしまい、ラインブレイクしてしまう可能性もあります。

なお、使用するエギはサイズとカラーが重要で、水に濁りがある場合や

天気の悪い日はピンクなどの暖色系でアピールします。

逆に水が澄んでいて天気のいい日はブラウン系のナチュラルカラーが基本となります。

サイズについては小型は3号、大型は4号までを使用するといいでしょう。

ロッドを上下に動かしてエギにアクションを与えることをシャクリと言います。

また竿先に細かな揺れを与えるアクションをダートと言います。

アクションを与えたエギにアタリが来ると、ラインが張ってグンとした重みを感じるはずです。

タグ

最新情報