エギングのアタリについて

シャクリ中のアタリ

シャクリを行っている最中にアタリが来ると、シャクった瞬間に

はっきりとした重みを感じます。

そのときにはイカがエギに抱きついている状態ですのでしっかりとかかっています。

エギを沈めている最中のアタリ

エギを底に向けて沈めているときにアタリが来た場合、

その重みはロッドには伝わりません。

イカはエギを握った後、かじりつきますので、

かじってみてニセモノであることがわかれば離れていってしまいます。

ですから、イカがニセモノと気づく前にアワセる必要があります。

ロッドでアタリを感じられないので難しいかもしれませんが、

ラインの張り具合を見てアタリを見分けることができます。

エギが底についたときのアタリ

エギが底に着いた頃にアタリが来ると、「根がかりをしてしまった!」と

勘違いするような重さを感じます。

アタリかどうかを見分けるには軽くロッドを引き上げてラインの負荷を確かめてください。

少しずつ下に引き込まれるような引きがあれば、アタリです。

タグ

最新情報