エギング実践テクニック


エギの操作方法

棒引き

エギの操作方法の一つに「棒引き」があります。

これはエギを水底に着底させ、ボトムの水深をキープしながら引いて、

一定の速度で探っていく方法です。

水深のある沖を狙う際や、夜釣りで底を探るときに有効な方法です。

単にエギを引くだけの方法で、エギングの初期には棒引きしかありませんでした。

イカの活性が高い時には反応がありますが、今ではシャクリの方が人気が高いため、

あまり使われなくなりました。

シャクリ

エギにアクションを与え、積極的に攻める方法がシャクリです。

エギを沈めてはシャクリ、イカを誘い込む釣り方ですが、風が強かったり、

潮の流れが速いとエギが浮いてしまうので、若干難しくなります。

タナは基本的には底を狙いますが、活性が上がっているときは

中層のタナでアタリがくることもあります。

シャクリの場合、アタリはシャクった瞬間に重くなるので見分けられます。

はっきりとした重みが感じられた場合、特にアワセは必要ありません。

エギの選択とアクション

獲物のサイズに合わせる

エギはたくさんの種類があるので選択に迷いますが、

あなたが狙うイカのサイズに合わせてエギも大きくします。

一般に、春は大型のイカが釣れるシーズンなので大きめのエギを使用します。

秋頃には小ぶりのイカを狙いますので、小さめのエギを使用します。

イカは自分の触手で抱え込める大きさより少し小さめのエサを好み、

触手でエサを捕まえると一気に締め付けて、カラストンビで噛み殺すと少しずつ、

齧るようにしてエサを食べます。

ですから、時期によってイカの成長度合いは異なりますので、

その時期に最もかかりそうなエギのサイズを選ぶことがコツになります。

カラーについて、オレンジやピンクが人気があり、日中では高い実績があります。

夜間にはブルーがいいと言われておりますが、エギングの歴史は浅く、

まだ確実なセオリーは確立されていません。

実際に釣れている人を観察し、ご自身でセオリーを見つけ出すのも

楽しい作業になるでしょう。

エギングで底を取るコツ

底を攻略する

エギングで底を取ることは大変重要です。

底を取るにはエギが潮で流されるまえに着底させます。

潮で流されないようにエギにオモリをつけるとうまく沈めることができます。

ただ、底に着けた後は素早くロッドを立ててください。

さもないと根がかりを起こしてしまい、ラインブレイクしてしまう可能性もあります。

なお、使用するエギはサイズとカラーが重要で、水に濁りがある場合や

天気の悪い日はピンクなどの暖色系でアピールします。

逆に水が澄んでいて天気のいい日はブラウン系のナチュラルカラーが基本となります。

サイズについては小型は3号、大型は4号までを使用するといいでしょう。

ロッドを上下に動かしてエギにアクションを与えることをシャクリと言います。

また竿先に細かな揺れを与えるアクションをダートと言います。

アクションを与えたエギにアタリが来ると、ラインが張ってグンとした重みを感じるはずです。

エギングのアタリについて

シャクリ中のアタリ

シャクリを行っている最中にアタリが来ると、シャクった瞬間に

はっきりとした重みを感じます。

そのときにはイカがエギに抱きついている状態ですのでしっかりとかかっています。

エギを沈めている最中のアタリ

エギを底に向けて沈めているときにアタリが来た場合、

その重みはロッドには伝わりません。

イカはエギを握った後、かじりつきますので、

かじってみてニセモノであることがわかれば離れていってしまいます。

ですから、イカがニセモノと気づく前にアワセる必要があります。

ロッドでアタリを感じられないので難しいかもしれませんが、

ラインの張り具合を見てアタリを見分けることができます。

エギが底についたときのアタリ

エギが底に着いた頃にアタリが来ると、「根がかりをしてしまった!」と

勘違いするような重さを感じます。

アタリかどうかを見分けるには軽くロッドを引き上げてラインの負荷を確かめてください。

少しずつ下に引き込まれるような引きがあれば、アタリです。

エギングでのやりとりの方法

エキサイティングなファイト

上手にアワセてフッキングできたら、次はイカとのエキサイティングなファイトが待っています。

イカが強く引いているときにロッドを強く引き寄せてしまうと、イカの身はとても柔らかいため、

身切れを起こしてしまいます。

大型のイカほど、負荷が高くなるために注意が必要です。

バラシを避けるためには、イカの動きに合わせ、ロッドにイカの引きの衝撃が吸収されるように

角度を変えていきます。

この際、ドラグをキツく締めていると急な走りに対してラインブレイクを起こす可能性があります。

そのため、少しドラグを緩めておいて、ラインが出るようにしておくと対処できます。

また、取り込みを行う際には、そのまま釣り上げるか、ネットでキャッチします。

もしくはギャフを使用してひっかけて取り込みます。

リリースするときはネットで取り込み、

エギのヘッドを持って自然に外れるようにしてあげてください。

タグ

最新情報