アオリイカ豆知識


新鮮なイカを料理する

最高に新鮮なイカを味わう

エギングで何より楽しみなのは、新鮮なイカを味わうことができることです。

釣って楽しく、食べて美味しく、ですから人気が出るのも無理はありません。

持ち帰る際は、できるだけ新鮮さを保つようにクーラーボックスに氷を入れて

保管しましょう。

なお、イカが直接氷に触れると水っぽくなってしまうので、

袋に入れてから保管してください。

一番美味しい新鮮なイカの食べ方は、文句なく刺身でしょう。

獲れたての透明で甘い身を楽しめます。

わさび醤油をつけるだけで、ほかは何も必要ありません。

また、一夜干しにして網で焼いて、ビールと一緒に食べるのもオツなものです。

みりん醤油で賞味してみてください。

ゲソは天ぷらにすると最高です。揚げてもイカの新鮮さを感じるでしょう。

スーパーで買えるスルメイカやヤリイカですが、アオリイカは簡単に手に入りません。

無駄なくおいしくアオリイカを味わい尽くしましょう。

エギングの豆知識

スミを探すといいことがある?

イカはフッキングしようとするとスミを吐き出します。

釣り上げられてからもスミを吐くため、堤防にはしばしばスミの跡が残っています。

つまり、イカが釣れる場所にはスミ跡が残されているので、

それを手がかりにポイントを探すことができます。

しかしながら、必ずしもスミ跡が釣れるポイントとして確実なものではありません。

その日によって潮や状況は違いますし、釣り場を綺麗にする釣り人であれば、

スミを海水で洗い流し、堤防にスミ跡を残しません。

西郷隆盛もエギングを楽しんだ

現在のエギングの釣法とは異なりますが、西郷隆盛も自身でエギを作り、

イカ釣りを楽しんでいたとの逸話が残っています。

エギは元々、鹿児島の漁師さんが考え、薩摩藩ではエギング大会まで

催されていたとのことです。

今も昔も、釣りの楽しさは変わりません。

タグ

最新情報