エギング上級テクニック


エギングで潮の流れを読む

潮と活性の関係

ベイトフィッシュがアオリイカの活性と直接関係しますが、

ベイトフィッシュの活性は潮の流れに関係しています。

つまり、まず潮の流れを読み、ベイトフィッシュの活性を読むことが

その日の釣果を左右します。

潮の流れが適度な場所ではプランクトンも豊富で、魚が集まってきます。

早朝と夕方のマズメにはベイトフィッシュの活性は一般的に高くなりますので、

アオリイカのアタリも期待が大きくなります。

潮が淀んでいると活動が鈍くなりますが、満潮と干潮のピーク時には

完全に潮が止まりますので、ほとんど釣れなくなってしまいます。

潮が止まると、釣りやすいですが、活性もかなり下がってしまいます。

なお、潮の流れが速過ぎると、エギが流されてしまい、底にたどり着かないことと、

アクションをうまく伝えられなくなるため、アタリが来なくなります。

エギを大きくしたり、オモリでチューニングすることもできますが、

潮が緩めの場所で釣る方がベターです。

エギングのポイントを見極める方法

防波堤の場合

漁港の防波堤は身近な場所であり、適度な水深があるため、

エギング釣りに最適な環境です。

春には産卵のために岸辺に大型のアオリイカがやってくるので、

堤防の藻が生えている場所、港入り口がポイントとなります。

磯の場合

波の高い荒磯は、エギングに向いた釣り場ではありません。

波に流されて底を取りずらいからです。

エギングでは潮の流れは適度な方が上手に釣れます。

そのため、波の穏やかな小磯で釣ると良いでしょう。

ただ、磯は足場が悪いので危険です。

ライフジャケットを着用しておいた方がいいでしょう。

サーフの場合

サーフは必ずしも絶好のエギングポイントとは言えませんが、

最近のエギング人気で釣りやすい防波堤が釣り人でびっしりということも

珍しくありません。

サーフでは水深が浅いところが多いため、表層で釣れることがあります。

岩礁や藻の生えている周辺を狙うと確率が高いです。

エギングの正確なキャスティング方法

飛距離よりも正確性

アオリイカは藻の周辺に隠れていることが多いので、

狙うポイントを見つけたら正確にキャスティングする必要があります。

ですが、そうした場所は往々にして岸が離れていることがあり、

飛距離を出す方法も身につけたいものです。

初心者の場合、飛距離を出そうとするとフォームが崩れて、

なかなか正確にポイントにエギを落とせないようです。

飛距離を伸ばすためには、ロッドを大きく振っても出るわけではありません。

ロッドをしならせた反発力で飛ばすことが重要です。

慣れないうちは、まずコントロール力を身につける努力をしてください。

代表的なキャスト方法は「オーバーヘッドキャスト」です。

キャストの基本中の基本となり、正確性を養えますので、

まずはこの方法を練習されるといいでしょう。

コントロールを正確に行うコツは、正しいフォームを身につけ、

どんなときでも体勢を崩さないことです。

アオリイカが釣れないときの対処法

活性の低いイカのスイッチを入れてやる

イカの活性が低い場合でも、イカの目の前で何度もシャクってやることで

次第に反応が良くなっていきます。

ボトムに潜んでいるイカに対して、エギを底に着けては

中層へシャクリあげてやると、イカの捕食スイッチが入り、

イカが群れでいた場合、群れ全体がアタックしてくることもあります。

繰り返してみても反応がない場合は、エギを変えてみることで

反応が取れることもありますので、試してみてください。

エギのサイズを変える

アオリイカは産卵期が長いため、春生まれのイカと秋生まれのイカとでは、

サイズに大きな違いがでます。

早く生まれたイカ程大きくなりますが、もし何度試しても

イカが絡み付いてこない場合は、エギのサイズが小さ過ぎる、

あるいは大き過ぎる可能性があります。

イカのサイズを目で確認できる場合は、目測でサイズを計り、

適切なエギのサイズを探ってみて下さい。

タグ

最新情報